"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd"> 浴室リフォームを行うのに良いタイミングとは|東大阪市近郊でリフォームをお考えならマルショーコーポレーションにおまかせ下さい。

浴室リフォームを行うのに良いタイミングとは

リフォームの基礎知識

戸建リフォーム
マンションリフォーム
インテリア
照明プラン
カーテン・ブラインド
株式会社
マルショーコーポレーション
大阪府東大阪市西堤学園町
2-1-1-A 大原マンション1F
TEL 06-4308-7776
FAX 06-4308-7778

● 浴室リフォームを行うのに良いタイミングとは

● 浴室設備の寿命は約15年 浴室まわりは、常に湿気や水分の多い環境にあるため、
知らないうちに設備や家屋部分の劣化が進みやすいという事情があります。
そのため、浴室リフォームに適したタイミングを逃すと、
修理などの経費や維持費がかさむなどの問題が起こりやすくなるので注意が必要です。
マンションの場合で言えば、ユニットバス設備の製品寿命が15年前後と言われていることから、
浴室全体のリフォームも築15~20年で行うことが望ましいと考えられます。
住宅設備の開発も日進月歩で、時代のニーズや家族の変化などに対応した製品が発売されています。
そのため、15年前後で設備全体を一新することは、
より健康的で快適な生活のためにも賢い選択であると言って良いのです。

● 浴室の困りごとはリフォームで解消 見た目に分かる浴室の要リフォームのサインは、傷みや汚れ、設備の不具合などによるものです。
浴室内の壁・浴槽などにひび割れやサビ、カビ汚れが目立ってきたり、
排水口の汚れがひどくて排水に支障がある、排水が浴室の外の壁にしみ出している、
不快臭がするなどは、どう見ても見直しの時期にきています。
湯や水の温度調節がうまくいかない、お湯になるのに時間がかかるなども、
設備が寿命を迎えている可能性があります。
また、使い勝手や家族の事情なども浴室リフォームのきっかけになることが少なくありません。
浴室の広さや浴槽のサイズ、水栓の位置などの不具合を我慢していると、
入浴そのものがストレスになってしまいます。
そんなときは、子どもや孫と一緒にゆったり入れるサイズのバスタブに替えたり、
動線にムダのないレイアウトに変更したり、
窓を大きくして浴室内を明るくするといった浴室リフォームのプランが有効です。
適切な浴室リフォームは、バスルームをくつろぎと癒しの空間に変えるだけでなく、
家族全員の健康を守り、生活の質を高めるのにも役立ちます。
さらに省エネ効果はここ10年ほどで格段に性能が向上したため、新製品は家計にもやさしく、
お手入れのしやすい素材の開発によって家事効率もグンと楽になっています。
浴室リフォームは、費用や効率面などを長期的に考えるのであれば、早めの着手がおすすめです。