"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd"> 浴室リフォームの2つの工法とは|東大阪市近郊でリフォームをお考えならマルショーコーポレーションにおまかせ下さい。

浴室リフォームの2つの工法とは

リフォームの基礎知識

戸建リフォーム
マンションリフォーム
インテリア
照明プラン
カーテン・ブラインド
株式会社
マルショーコーポレーション
大阪府東大阪市西堤学園町
2-1-1-A 大原マンション1F
TEL 06-4308-7776
FAX 06-4308-7778

● 浴室リフォームの2つの工法とは

● 浴室リフォームは1種類ではない 「デザインに飽きた」「老朽化した」などの理由で浴室リフォームを考えているケースもあるでしょう。
その際に知っておきたいのがリフォーム工法の種類で、
昔ながらの在来工法とシステムバス・ユニットバスがあります。
まず在来工法は一軒家に多く見られ、システムバス工法よりも圧倒的に時間がかかります。
しかし、この工法は自分の細かい希望を反映させることができますし、
各部門の専門業者がしっかりと作業を行って完了させます。
メリットはデザイン的な自由さがあることで、特殊なお風呂にしたい場合などに選択すると良いでしょう。
ただデメリットもあり、まず金銭的な負担が大きくなってしまいます。
さらに古くなってくると構造的に防水能力が落ちることもあり、
システムバスよりも掃除がしにくい点もデメリットでしょう。
ただ一軒家でお風呂にもこだわりたい人にはとてもおすすめです。

● システムバス・ユニットバス工法のメリットとデメリットについて 浴室リフォームの工法の中で最近主流になりつつあるのが、システムバス工法です。
これはユニットバスとも言われ、
現場で浴室を作るのではなくあらかじめ工場などで作って現場で組み立てていく流れです。
すでに工場で作られているので最短1日で完成しますし、
それに伴って必要になる費用も在来工法よりも安く、短い工期で完了するため、
個人宅はもとより収益マンションなどのリノベーションにもおすすめです。
また、防水性にも優れていますし、尚且つ掃除のしやすさも注目すべきです。
ただ、オリジナリティあふれるお風呂を作りたい場合にはシステムバス工法はマッチしません。
既製品のラインナップの中から選択することになりますし、
サイズもあらかじめ決まっているので、自由度は低めです。
在来工法もシステムバス・ユニットバス工法も、両方優れた面を持っているので、
浴室リフォームする際は希望する内容に応じた工法を選ぶべきでしょう。