バリアフリーな浴室にリフォームして安全なバスタイムを

リフォームの基礎知識

戸建リフォーム
マンションリフォーム
インテリア
照明プラン
カーテン・ブラインド
株式会社
マルショーコーポレーション
大阪府東大阪市西堤学園町
2-1-1-A 大原マンション1F
TEL 06-4308-7776
FAX 06-4308-7778

● バリアフリーな浴室にリフォームして安全なバスタイムを

●快適なお風呂タイムに重要な照明器具 高齢者ともなると体力の低下に従って足腰が思うように動かくなくなってしまったりバランスを安定させることがなかなか難しくなってくると思います。
そんな時、浴室の出入り口付近にある段差、浴槽などの急な溝は転倒の原因にも繋がるため、
可能であればリフォームを視野に入れて身体にとってできる限り負担のない形にすることが、安全に生活できることにも繋がってきます。
特にお風呂の出入り口付近にある脱衣所と浴室の境目にある溝は段差になっていることが多いため、
ちょっとした不注意で転倒してしまうことが多い箇所です。
バリアフリー機能にしていればこのような不安も取り除かれるので、予め浴室周りの段差は気をつけておくことが重要です。

● 浴槽の深さにも注意を 浴室には段差以外にも気をつけておいてほしいポイントがあります。
それは浴槽の深さです。
特にリフォームをする前のマンションは浴槽が非常に深くなっている例も多々あり、高齢者にとっては入浴するのも一苦労ということが多いのです。
浴室から出る時に誤って転倒してしまったり、足腰を浴槽に引っかけてしまう危険性もあるので、
リフォームを検討されている方は手すりなどを浴室に取り付けて入浴後に浴室から出やすい状態を整えてあげることが大切です。

● 小さなことからリフォームを心掛けて 浴室内でのトラブルは段差や浴槽の深さだけではなく、温度差や浴室の冷たさ、また浴室のすのこの有無などからも起こることがあります。
例えば冬場に浴室に入った時に冷たい温度の中で温かい湯船に浸かり、
また冷たい室内に戻るという行為を繰り返すと身体が一気に冷めてしまい体調を崩す危険性もあります。
浴室から出ても体調の温度差を感じさせないために床暖房やすのこを設置して足元を温めるようにすれば高齢者への負担も防ぐことが可能です。
リフォームと聞くと大掛かりな作業をイメージしてしまいがちですが、小さなことを心掛けるだけでも負担を減らすことは十分可能です。