リフォームや建替えをお考えの方はマルショーコーポレーションへ

株式会社
マルショーコーポレーション
大阪府東大阪市西堤学園町
2-1-1-A 大原マンション1F
TEL 06-4308-7776
FAX 06-4308-7778

リフォームを行う時期について

快適な生活空間にしたいと誰もが考えることですが、リフォームはいつ行ったら良いのか、どういった基準でリフォームが必要なのかと、考えるケースは少なくないです。家も時が経つにつれて、色んな箇所が老朽化してきます。
人が病気を回復させるように、自宅もリフォームすることで、低下した機能を回復させることができます。

築年数が浅くても

家族の数だけ住宅があるように、築年数もそれぞれ異なっています。築年数によってチェックする部分も大きく変わってきます。新築から購入されて約5年経過している住宅であれば、気にならない程度のキズや変色といったものが出てきます。
他にも屋根瓦の住宅は瓦の破損や建具のガタツキ、水道管などの汚れや外壁の汚れやヒビ割れ、壁紙の汚れや塗装の剥がれなど、築年数があまり経過していない住宅でも、様々な場所が劣化しているのです。

水廻りの腐食

新築から10年が経過してくると、主に設備類が使えなくなる場合が多くなります。特に水廻りで使用する設備は水による腐食が多いとされており、給湯器といった設備やバスルームの水栓、トイレの水漏れや洗面化粧台の腐食、キッチンの水栓やガスコンロの故障、水によって腐食した床や壁、天井の腐食などが挙げられます。
室内だけでなく自宅の外見にも大きな変化があり、外壁や床タイルなどの損傷や変色なども、5年経過と比べるとさらに進行しています。そのため、損傷部分の補修から床タイルの張り替えといった作業が必要となる場合が多いです。

住宅基礎部分

新築から15年も経過してくると、外見だけでは判断できない住宅の基礎が、老朽化してくる時期でもあります。
住宅の基礎は一般の方では直接確認することが難しい部分でもありますので、老朽化していることに気付いていない場合が多いです。そのまま基礎の老朽化が進行していくと、全体的な修繕が必要となる可能性があります。
また15年も経過すると屋根の機能も低下しているので、ヒビ割れ部分から水が侵入して雨漏りの原因が発生する場合もあります。

20年以上経過している場合は一部分のリフォームではなく、住宅全体の補修が必要となりますので、全体的なリフォームを行う時期として最適です。リフォームは劣化している部分を、定期的に補修していては金銭的にも厳しくなりますので、リフォームの際は築年数を目安に行うと良いです。また家庭の環境に合わせてリフォームを行うことも大切です。

弊社では東大阪市にて様々なリフォームを行っています。リビングの床やクロスといった内装のリフォームやリビングに合わせてキッチンも快適な空間へとリフォームすることもできます。
住宅内のリフォームは勿論、目には見えない耐震性能を向上させるリフォームなども行っていますので、安全な住宅へとリフォームすることができます。東大阪市にて戸建て住宅をお持ちの方、リフォームを行っている業者を東大阪市にてお探しの方はぜひご依頼ください。

このページの先頭にもどる