リフォームや建替えをお考えの方はマルショーコーポレーションへ

株式会社
マルショーコーポレーション
大阪府東大阪市西堤学園町
2-1-1-A 大原マンション1F
TEL 06-4308-7776
FAX 06-4308-7778

方角から間取りを決める方法

リフォームをご検討される際、運気アップを願って、家相や風水を取り入れながら間取りを考える方も多くいらっしゃいます。
もちろん占いなどを気にせず、使いやすいようにリフォームすることも可能ですが、方角を意識して間取りを決めることは、自然と住みやすい空間づくりにもなるため、ぜひ知っておきたい知識でもあります。

東向き

太陽が昇る東の方角は縁起が良いとして、古くから日本人に人気のある方角です。
午前中は日当たり抜群ですので、朝食を取るキッチンや寝室にするのに向いています。
日差しを浴びながら起床し、自然の光で明るい食事を楽しむことができるでしょう。

西向き

日差しの強い西日が長時間当たるため、西向きの部屋はあまり良い方角ではないとされていました。
しかし近年では、冬場でも暖かく日照時間が一番長い西向きの部屋が好まれる傾向にあります。
直射日光に弱い家具やインテリアを置く部屋には不向きですが、太陽の日差しを最大限活かし洗濯物や布団が乾きやすいといったメリットもあります。

南向き

日中はずっと日差しを取り込むことができるため、明るく暖かいのが特徴です。ご年配の方や小さいお子様など、家の中で過ごすことが多い方の部屋、家族で過ごすリビングに最適な方角です。ただ夏場は気温が上昇しやすいですので、窓のつくりやエアコンの設置などを考える必要があるでしょう。

北向き

日当たりは期待できませんが、直射日光を避けたいインテリアや家具を置くのに向いています。
冬場は寒いですが、夏場は涼しいのが特徴です。

他にも水廻りの配置は「鬼門」や「裏鬼門」を避けるという昔からの考えもあります。鬼門は北東、裏鬼門は南西を意味しています。リフォームにはご家族の意見を取り入れながら行うのが望ましいですので、何か疑問な点やご要望などは、お気軽にご相談ください。

東大阪にあります弊社では、住宅リフォームをはじめ、外壁やキッチン、洗面所といった個々のリフォームにも対応しております。クロス張替えやオール電化にかかる費用のお見積もりなど、ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページの先頭にもどる