リフォームや建替えをお考えの方はマルショーコーポレーションへ

株式会社
マルショーコーポレーション
大阪府東大阪市西堤学園町
2-1-1-A 大原マンション1F
TEL 06-4308-7776
FAX 06-4308-7778

間取りを変える際に注意したいポイント

リフォームをするにあたり、間取りをどう変えようか悩まれる方は少なくありません。
こちらでは、間取りを変える際に注意したいポイントを構造上の面から紹介しています。

コンクリートで壁構造の場合

室内に飛び出したコンクリートの分厚い壁は、構造体ですので動かすことはできません。叩いてみて中が硬くてベチベチと音がすれば、鉄筋コンクリートのため壊すことはできませんが、中が空洞のようなコンコンとした音ならば、間仕切りのために後からつくった壁のため壊すことができます。他にもお風呂場や洗面所など、水廻りの下地にコンクリートブロックが使用されていることがあります。

これは躯体となるコンクリートとは異なり壊すことはできますが、施工業者に判断してもらう方が賢明といえるでしょう。
鉄骨造の場合も同じようなことに注意が必要ですが、天井に平面的な筋交いが入っていることも多く、吹き抜けや折り上げ天井にリフォームすることはできません。ただし間仕切りの変更は比較的自由です。

コンクリート造でラーメン構造の場合

ラーメン構造とは、柱と梁で骨組みを造り、その接合部をしっかり固定した構造のことをいいます。
コンクリート造の住宅で多いのがこのタイプです。戸境の壁のみコンクリートで、その他の室内の壁は木造か軽量鉄骨の骨組みに石膏ボードを貼っているため、比較的自由に壁の位置を変えることができます。しかし注意したいのが梁の出や高さです。住戸の上部にコンクリート梁が通っていることが多く、そこに建具や家具を配置すると高さに制限が出てしまいます。
また梁の位置を考えて部屋を仕切らなければ、部屋の真ん中に梁が出てしまうことになり、光景的にあまり良くありません。

木造の場合

壁の中に筋交いが入っていることがあるため、間仕切りの壁を壊そうとしても筋交いは残すことになります。
取り外すことができない筋交いは、デザインの一部にする方法や、代わりにガラスブロックやパネルを使用するという方法もあります。筋交いの入っていない間仕切りであれば比較的自由ですが、窓などの開口部の取り方が強度上ある程度制限がかかります。住宅のリフォームに関しての不明な点やご要望などは、まずご相談ください。

東大阪市にあります弊社では、住宅リフォームはもちろん、マンションリフォームやオール電化リフォームなど、ライフスタイルや費用に合わせて対応いたします。リフォームに関するカタログも無料でお届けしていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページの先頭にもどる