リフォームや建替えをお考えの方はマルショーコーポレーションへ

株式会社
マルショーコーポレーション
大阪府東大阪市西堤学園町
2-1-1-A 大原マンション1F
TEL 06-4308-7776
FAX 06-4308-7778

水廻りのリフォームの注意点とは

トイレや浴室、洗面所といった水廻りのリフォームは大掛かりで費用がかかりますが、直接肌に触れて毎日使う場所だからこそ、清潔で使いやすいようにリフォームしたいと思われませんか?

綿密な事前調査を

水廻りのリフォームの場合、居室に比べても専門的な知識や、綿密な事前調査が必要になります。給排水設備の取り付けの変更がある時には、取り付け位置や排水こう配の確認が必要不可欠だからです。また大型ユニットバスの取り付けの場合、梁の位置や高さを調べた上で搬入経路の確保などを計画的に進めなければ、ユニットバスを取り換えようとした際に壁を壊さなければならなくなった、または古い配管が工事途中に折れてしまったなどのトラブルも考えられます。

プロのリフォーム会社に依頼する

古い住宅などによくある、トイレ内に配管がむき出しのタイプの場合、導入する便器によっては床上げをしなければならないケースもありますし、近年人気のあるトルネード式には最低必要水圧があるため、水圧チェックを行ってからでないと、便器を交換できないケースもあります。集合住宅などは水漏れなど他住戸への補償問題に繋がりかねませんので、水廻りのリフォームには経験豊富なリフォーム会社を選ぶことが大切だといえます。

水廻りこそバリアフリーにこだわる

高齢化が社会問題となっている現代では、手すりの取り付けや段差を無くすリフォームは、常識となりつつありますが、水廻りこそ本当のバリアフリーを考えるべきではないでしょうか。例えば、浴槽やトイレの片側の壁だけに手すりを取り付けていても、実際には利き手と反対側だったり、障害を持つ方の側だったりしては意味がありません。

最低でもどちらの壁にも取り付けができるよう下地をつけておくことが必要です。
またトイレ内で車椅子の方向転換ができる広さや位置関係など、見かけだけのバリアフリーではなく本当に使い勝手が良いのかを考慮してリフォームを行うこともポイントです。

リフォーム会社をお探しでしたら、東大阪市に位置する弊社にお任せください。
戸建てやマンション問わずリフォームを承ります。また、家づくりのご相談にもスタッフ全員でお応えいたします。

このページの先頭にもどる